採寸方法 取付方法 一般知識 種類 選び方 構造図

お届け予定日

無料サンプル 送料

■採寸方法に不安のある方は電話でのサポートもご利用下さい。
   採寸方法










側面図



枠の内側に付ける場合
幅は枠の内側寸法から1〜2cm位引いて下さい。高さは枠の内側寸法から2cm位引いて下さい。腰高窓の場合は-1cmです。
mmの端数がでた場合は切り捨てて下さい。
窓枠の内側に付ける場合は、スラット幅(羽根幅)以上の奥行きが必要です。


枠の外側に付ける場合
幅は枠の外側寸法と同じ〜プラス20cmぐらい足して下さい。閉めたときの見栄えは「枠の外側寸法と同じ」が良いのですが、たたみしろがあるので、ブラインドをたたんだときに窓の一部をふさいでしまいます。といってあまり長くすると、端にブラケットをつけられないので、強度的な問題が出てきます。

高さは枠の外側から床まで計って2cm位引きます。腰高窓の場合は+5cmです。
mmの端数がでた場合は切り捨てて下さい。


ブラインドボックスや天井に付ける場合
できればたたみしろ分を余分にみて幅を決めましょう。たたみしろは幅200cmで約30cmあります。両開だと、片側18cm位づつになります。この寸法を窓の幅に足せばいいわけです。

ブラインドボックスがある場合は、ブラインドボックスの内側の幅より大きくはできません。

高さは取り付ける位置から床まで測って2cm引いて下さい。
mmの端数がでた場合は切り捨てて下さい。

操作コードの長さを決めるため、床から取り付ける位置までの高さ(取付け高さ)を指定します。窓が床までおりている場合は、高さ寸法とほぼ同じになります。窓の下に壁がある場合、高さ寸法プラス窓下の壁の高さとなります。寸法はだいたいの数字で構いません。

★注意事項 操作コード側はスラット閉めた状態でも3cmぐらい空いてしまいます。これは構造上解決できません。また、上下にも多少の隙間が空きます。従って縦型ブラインドは小さな窓には適していません。

   仕様の指定

↑片開、左納まり、右操作

↑片開、右納まり、左操作

↑片開、右納まり、右操作

↑片開、左納まり、左操作

↑両開、両納まり、右操作

↑両開、両納まり、左操作


↑片開、左納まり、右操作
バトン式のみ

↑片開、右納まり、左操作
バトン式のみ


開き方を指定します。コード式の場合は片開きか、両開です。カーテンのように直接引っ張るバトン式という操作方法がありますが、これを選んだ場合は片開きしか選択できません。

納まりを指定します。ブラインドを右によせてたたむか、左によせてたたむかということです。部屋側から窓を見て、右か左を指定します。両開の場合は左右に開きます。あまり使われませんが、中央納まりができる製品もあります。バトン式は操作と納まりは必ず左右に別れます。

ニチベイのアルペジオには左右に操作コードが付き、納まりが左右どちらにでもできるタイプがあり、両側開閉操作タイプといいます。

操作コードの左右を指定します。部屋側から窓を見て、右か左です。角度調節のポールは同じ位置に付きます。操作コード側はブラインドを閉めても3cm位隙間が空きます。

バトン式にした場合は、右操作左納まりか、左操作右納まりしかありません。両側にバトンを付けた場合は左右どちらにも収まります。


幅が大きすぎて1台で製作できない時に、右納まりと左納まりの製品をひとつの窓に付けることがあります。この場合は連窓仕様と指定してください。中央の連結部分に隙間が空かないようにスラットを調整します。ただし羽根幅100mm以上のタイプでないと不可能です。